iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneのカメラレンズが割れたときの応急処置は?原因や対処法も解説します iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京なら池袋駅近のスマホスピタル池袋にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneお役立ち情報

iPhoneのカメラ交換修理

iPhoneのカメラレンズが割れたときの応急処置は?原因や対処法も解説します

[2020.09.29] スマホスピタル池袋

カテゴリー:iPhoneのカメラ交換修理

img-sh05-0929_001 iPhoneのカメラレンズが割れたときの応急処置は?原因や対処法も解説します

iPhoneのカメラレンズがいつの間にか割れていた…!

そんなトラブルに見舞われ、iPhoneの修理を余儀なくされる方は少なくありません。

iPhoneのカメラはその特徴的な形状から、何も対策をしていないとカメラレンズが割れることがあります。

今回は、iPhoneのカメラレンズが割れる原因や、割れた時の応急処置、対処法などを詳しくご紹介します。

iPhoneのカメラで撮影する機会が多い方は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneのカメラの特徴について

2014年に発売されたiPhone 6以降、iPhoneのカメラは出っ張った構造になりました。

「出目金レンズ」とも呼ばれており、本体から数ミリではありますが飛び出ているため、落とした際に割れやすい特徴があります。

とくにiPhone 7 Plusや8 Plusの大型モデル、iPhone X以降のハイエンドモデルはカメラサイズも大きくなっており、少しのヒビがカメラレンズ全体の破損に影響します。

また、iPhone 11 Proのようにトリプルカメラを搭載した機種はその分だけカメラ部分の面積も大きく、画面ガラス同様に破損しやすい部位の1つです。

一眼レフカメラなどを持たなくとも、スマホ1つで完結してしまえるほど高性能なカメラ機能が備わっているのがiPhoneの特徴であり強み。

そのため、カメラレンズが割れてしまうと困るという方は、とても多いのではないでしょうか。

iPhoneのカメラレンズが割れてしまう主な原因

img-sh05-0929_001 iPhoneのカメラレンズが割れたときの応急処置は?原因や対処法も解説します

iPhoneのカメラレンズは、どのような場面で割れやすいのでしょうか?

対策を講じるためにも、まずは破損しやすい場面について把握しておく必要があります。

ここでは、iPhoneのカメラレンズがどのような場面で割れるのか、やってしまいがちな行動なども含めて見ていきましょう。

落とした時やぶつけた時

iPhoneのカメラレンズが一番割れやすい場面は、やはり落とした時です。

落とした時は画面ガラスも割れやすいため、画面の割れには気付いてもカメラレンズの破損を見落としてしまうケースがあります。

カメラ機能を起動した際に初めて異変に気付く、といったことも少なくありません。

落としてしまったときは、画面だけでなくカメラにも影響がないかを確認するようにしましょう。

また、硬い場所にぶつけてしまったときも破損しやすいため注意が必要です。

見た目には影響がないように見えても、カメラ機能を起動したときに影響が出ている可能性があります。

「もやがかかる」「黒い点が映りこむ」といった症状が出ていないか、チェックしておくと安心です。

ズボンのポケットに入れたまま座ってしまう

iPhoneのカメラレンズが割れる原因として意外に多いのが、強い圧力をかけてしまう状況です。

とくにズボンのヒップポケットに入れたまま座ってしまったり、椅子やソファに置いていて上から座ってしまうなどが原因として挙げられます。

前述の落とした時と同様に、画面が割れてしまうことによる見落としを防ぐため、強い圧力をかけてしまった場合はカメラも確認しておきましょう。

鍵などでできた傷からひび割れることも

カバンやズボンのポケットに、iPhoneと一緒に鍵などの硬いものを入れていると、カメラレンズに傷がつくことがあります。

一度傷ができてしまうと少しの衝撃にも弱くなるため、落とした時やぶつけた時の衝撃で割れやすくなってしまいます。

ひっかき傷等レンズに傷がついてしまったら、レンズが割れていないとしても、更なる悪化を防ぐために早めの交換修理をおすすめします。

カメラレンズが割れると困ることや放置することのリスク

img-sh05-0929_001 iPhoneのカメラレンズが割れたときの応急処置は?原因や対処法も解説します

iPhoneのカメラレンズが割れて困ることは、写真が取れなくなることだけではありません。

ここでは、カメラレンズが割れて困ることや、割れたまま放置することで考えられる危険性について紹介します。

カメラレンズが割れて困ること

カメラレンズが割れて困ることは、写真が撮れないこと以外にもいくつかあります。

・QRコードの読み取りができない
・キャッシュレス決済時にコードが読み取れなくい
・LINEの友達登録等QRコードを利用した機能が使えない

昨今はカメラを用いた機能が広く普及しており、カメラレンズの破損がそれら機能の利用に直接影響を及ぼします。

キャッシュレス決済のように生活に大きく影響するものもあるため、できるだけ早く修理することをおすすめします。

割れたままにしていると破損が深刻化することも

カメラレンズが割れたままの状態で放置していると、iPhone内部の故障に繋がる危険性があります。

破損した部分からゴミやホコリ、水分などが入り込んで、カメラだけでなく場合によっては基盤が損傷することも…。

また、カメラが故障すると顔面認証によるロック解除などもできなくなる場合があるため、故障が悪化する前に早めの修理を心掛けましょう。

カメラレンズが割れた時の応急処置方法を紹介!

カメラレンズが割れた時、ホコリなどの侵入を防ぐためには応急処置を行う必要があります。

ただし、応急処置を施したまま使い続けるのは根本的な解決に繋がりません。

あくまで修理を行うまでの悪化予防措置として行い、なるべく早く修理に出すようにしましょう。

カメラレンズ用の保護フィルムを貼る

おすすめの応急処置方法は、市販されているカメラレンズ用の保護フィルムを貼ることです。

iPhone 11 Proのように3つのレンズがあり、すべて破損しているような場合は、3つのレンズ全てに貼るのがおすすめ。

また、破損の予防策として、割れる前に保護フィルムを貼っておくことも有効です。

iPhoneを購入したら画面の保護フィルムを貼る方は多いと思いますが、よくカメラを使う場合はカメラレンズにも保護フィルムを貼っておくといいでしょう。

セロハンテープを貼る

手軽な応急処置として、破損部分にセロハンテープを貼る方法があります。

保護フィルムがすぐに入手できない場合などに、割れたガラスが飛び散るのを防ぐには有効な手段です。

ただし、セロハンテープを貼っただけでは、完全にゴミや水分などの侵入を防ぐことはできません。

必ず早い段階で修理に出し、カメラや基盤などの損傷を回避する必要があります。

ラップで覆う

セロハンテープと同様、ラップでiPhoneを覆ってしまうのも手軽な対処法の1つです。

とくに、カメラレンズと同時に画面ガラスが破損しているような場合には、まるごと覆ってしまうのも破損の悪化防止になります。

ただし、見た目が不格好になることや、セロハンテープ同様ゴミや水分の侵入を防ぐことができない点には注意が必要です。

あくまでも応急処置であり、どの対処を行ったとしても、なるべく早めに修理を行うことが大切なのは変わりません。

割れたiPhoneのカメラレンズは放置せず早めに修理を

おまけ機能程度だった過去のスマホカメラと違い、現在のiPhoneのカメラは、プロのカメラマンが「iPhoneで十分」とお墨付きを与えるほどの性能です。

QRコードを利用したサービスも普及し、iPhoneのカメラは日々の生活を便利かつ豊かにしてくれるとても便利な機能になりました。

そのため、iPhoneのカメラが使えなくなることは、単に写真撮影ができないだけでなく、多数の便利なサービスが利用できなくなることにも繋がります。

iPhoneのカメラレンズが割れてしまったら、なるべく早めの修理がおすすめです。

忙しくて時間がない、できるだけiPhoneを手放したくないという方は、街のスマホ修理店の利用がおすすめです。

スマホスピタル池袋なら中のデータそのままに即日修理OK!

スマホスピタル池袋では、iPhoneのカメラレンズ交換修理を大好評受付中です!

iPhone修理のプロがしっかりとカメラレンズの状態や症状を診断の上、適切な修理を行います。

スマホスピタルは中のデータそのままに修理する上、iPhoneのカメラレンズ交換なら当日中のお渡しが可能。

飛び込み修理にも対応するから、急な故障で今すぐ修理したい!という時でもご利用いただけます。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル池袋までお気軽にお問い合わせください。

ikebukuro

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル池袋の詳細・アクセス

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-29-14 オリエント池袋404

営業時間 10時〜20時(定休日:なし)※19時30分まで受付

電話番号 03-6712-7448

E-mail info@iphonerepair-ikebukuro.com

オンライン予約 スマホスピタル池袋 WEB予約 >>

一覧に戻る

03-6712-7448 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル