iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneの熱暴走は放置すると危険?!原因や症状、対処法を解説します iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京なら池袋駅近のスマホスピタル池袋にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneお役立ち情報

バッテリー修理について

iPhoneの熱暴走は放置すると危険?!原因や症状、対処法を解説します

[2021.01.27] スマホスピタル池袋

カテゴリー:バッテリー修理について

img-sh05-0126_001 iPhoneの熱暴走は放置すると危険?!原因や症状、対処法を解説します

iPhoneを操作していると、持てないほどに本体が熱くなってしまった経験はありませんか?

そのまま無理して使い続けて、本体の電源が突然落ちてしまったという方もいるかもしれません。

精密機械に熱は大敵、iPhoneも例外ではありません。

今回は、iPhoneの熱暴走の原因やリスク、対処法をご紹介します。

iPhoneが熱を発する原因

iPhoneは、普通に操作しているだけでも熱を持ってくることがあります。

気温の高い夏だけでなく、気温が低い時期に操作していても発熱することがあり、季節はあまり関係ありません。

iPhoneが熱を発する理由はいくつかあり、主に以下のような時に熱くなるとされているので注意が必要です。

iPhoneが熱くなりやすい状況

・iPhoneそのものが直射日光や夏の車内などで熱されている状態の時
・充電中など、バッテリーが発熱している時
・CPUに負荷がかかっている時

ほんのり温かい程度であれば問題なく、使用していると多少の発熱は起こり得るものです。

しかし、頻繁に高温になっていると熱暴走が発生し、放置しているとiPhone自体が故障してしまう恐れがあります。

そのような状況を防ぐためにも、もしiPhoneに高温注意の警告が表示された時は、速やかに対処を行いましょう。

iPhoneが熱暴走を起こしやすい操作

熱暴走はiPhoneを使用している最中に起こることが多くあります。

では、どのような操作を行っていると熱暴走を引き起こしやすくなるのでしょうか?

ここでは、熱暴走を起こしやすい操作や状況について見ていきましょう。

複数のアプリを同時に起動している

複数のアプリを同時に起動していると、CPUに負荷がかかるため発熱して熱暴走を起こしやすくなります。

特に、位置情報(GPS)を利用するアプリなどは発熱しやすいので注意が必要です。

発熱して高温注意の表示が出たときは素早くiPhoneを冷却し、頻繁に発生するようであれば修理店などに持ち込んで相談することをおすすめします。

充電しながらiPhoneを使用している時

充電しながらiPhoneを使用している時も、熱暴走を起こしやすくなります。

バッテリーを充電しながら消費している状態になるため、バッテリーパックに負荷がかかるためです。

また、バッテリーの劣化を早めてさらに発熱しやすくなる原因にもなるので、充電中は使用しないように注意する必要があります。

高温多湿な環境下での使用

夏の炎天下や高温になる車内、浴室など、高温多湿な環境下での使用も、熱暴走を引き起こす原因の1つです。

特にそのような状況下では、熱暴走だけでなく結露が発生してiPhoneが水没してしまう恐れもあります。

結露は防水ケースなどに入れていても発生するため、高温多湿になる環境下での使用はできるだけ控えるようにしましょう。

熱暴走が起こると発生する症状

img-sh05-0126_001 iPhoneの熱暴走は放置すると危険?!原因や症状、対処法を解説します

熱暴走は、iPhoneが熱くなった時に適切に本体を冷やすことで、防ぐことができます。

しかし、高温状態が長時間継続したり、何度も繰り返し高温になる状況が続いたりすると、熱暴走の症状が現れてしまいます。

iPhoneが熱暴走を引き起こすとどのような症状が現れるのでしょうか?

ここでは、iPhoneが熱暴走を起こした時の症状や、注意しておくべきサインについて紹介します。

操作ができなくなりアプリが強制終了される

熱暴走が発生すると、突然動作が重くなったり操作ができなくなったりして、iPhoneを思うように使用できなくなります。

また、使用しているアプリが強制終了されることもあるため、注意しなければなりません。

使用中のアプリが途中で強制終了すると、セーブデータなどが損なわれることもあります。

大事なデータが損傷する恐れがあるので、iPhoneが発熱したら早めの対処をするように心がけましょう。

突然電源が落ちる・充電ができなくなる

熱暴走の症状が悪化してくると、突然電源が落ちたり充電自体できなくなったりすることがあります。

このような状態になると、アプリのデータだけでなくiPhoneに保存しているデータ自体を損う恐れがあるので注意しなければなりません。

熱暴走が頻繁に発生する時は定期的にバックアップを取っておくなど、対策を取りながら早めに修理店に持ち込んで相談することをおすすめします。

カメラ機能の反応が悪い、通話中の電波が悪くなる

熱暴走は電源やアプリだけではなく、カメラ機能や通話中の電波が悪くなるような症状として現れることもあります。

本体が熱くなっている状態でこのような症状が現れた時は、熱暴走が原因で発生していると判断できるので温度をチェックしましょう。

無理に使用を続けずに、次項で紹介している対処法を取って素早くiPhoneを冷まし、深刻なダメージになるのを防ぐことが大切です。

バッテリーパックの膨張や発火を引き起こすことも

iPhoneの熱暴走が頻繁に発生していると、バッテリーパックの内部にガスが発生して膨張し、最悪の場合発火・爆発することもあります。

iPhoneを損傷してしまうだけでなく、火傷や破片による怪我にもつながりかねません。

熱暴走は本体を休めるように促すための警告症状なので、高温のまま使用し続けることがないように注意する必要があります。

iPhoneが熱くなった時の対処法

img-sh05-0126_001 iPhoneの熱暴走は放置すると危険?!原因や症状、対処法を解説します

iPhoneが熱くなってしまった時の対処法について、見ていきましょう。

何はなくとも、まずは使用を停止して、iPhoneの温度を下げる必要があります。

ケースやカバー・充電器などをすべて外す

iPhoneに熱がこもってしまうのを防ぐために、熱暴走し始めてしまった時はケースやカバー、充電器などをすべて外しましょう。

熱暴走が発生した時は、とにかくまずiPhoneを素早く冷ます必要があるため、少しでも放熱しやすい状態にすることが大切です。

スマホ用の冷却シートやファンで冷ます

市販されているスマホ用の冷却シートやファンを活用して、iPhoneを冷ます方法もあります。

単純にそのまま放熱するのを待っているよりも、より早く本体の温度を下げることができるのでおすすめです。

夏のレジャーなどでも活躍するグッズなので、アウトドア派な方は1つ持っておくと何かと便利ですよ。

冷房の効いた部屋や机など温度の低い場所にiPhoneを置く

高い外気温が原因で熱暴走を起こすことがあるため、冷房が効いた部屋などの涼しい場所で放熱させましょう。

また、ガラス素材や金属製の机など比較的温度の低い物の上に置くことでも、素早く冷却することができます。

iPhoneを冷やすためにやってはいけないこと

iPhoneを冷やす際に、注意しなければならないことがあります。

とにかく早く冷やそうとして冷蔵庫や冷凍庫に入れたり、保冷剤で冷やしたりするのはNGです。

無理な急速冷却は結露が発生し水没故障に繋がる恐れも

急激に冷やそうとすると、温度差でiPhoneの内部に結露が発生し、水没故障を引き起こす原因になります。

水没故障の修理と熱暴走の修理(バッテリー交換など)の両方の修理費用が必要になる上に、場合によってはiPhoneに深刻なダメージを与えかねません。

涼しい部屋などで緩やかに温度を下げるように意識し、急激な温度変化による結露には十分注意しましょう。

何度も熱暴走を起こす時は早めにスマホ修理店に相談を

熱暴走の原因はさまざまありますが、バッテリーの劣化が大きな原因となっているケースが珍しくありません。

その場合、バッテリー交換修理を行うことで、症状の改善が見込めます。

長く使っているiPhoneはバッテリーがどうしても劣化するため、それが熱暴走の原因となる場合もあります。

すぐにiPhoneが熱を持つ、熱暴走を頻繁に起こしてしまうという場合は、放置せずになるべく早くスマホ修理店に相談しましょう。

スマホスピタル池袋なら中のデータそのまま即日修理OK

スマホスピタル池袋では、iPhoneの熱暴走に関するご相談と修理を大好評受付中です!

ちょっと操作しただけですぐ熱くなってしまう、熱暴走ですぐ電源が落ちるなどの症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

症状の原因が不明な場合でも、iPhone修理のプロがしっかりと診断の上、適切に修理を行います。

スマホスピタルなら中のデータはそのままに修理を行い、当日中のお返しも可能。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル池袋までお気軽にお問い合わせください。

ikebukuro

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル池袋の詳細・アクセス

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-29-14 オリエント池袋404

営業時間 10時〜20時(定休日:なし)※19時30分まで受付

電話番号 03-6712-7448

E-mail info@iphonerepair-ikebukuro.com

オンライン予約 スマホスピタル池袋 WEB予約 >>

一覧に戻る

03-6712-7448 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル