iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

よくあることです。スマートフォンの対処法 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京なら池袋駅近のスマホスピタル池袋にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneお役立ち情報

iPhoneの修理色々

よくあることです。スマートフォンの対処法

[2019.06.10] スマホスピタル池袋

カテゴリー:iPhoneの修理色々

どうしたら良いかわからないスマートフォンの対処法

画面が止まっちゃった・・・

操作をしていると画面がフリーズ、止まって全く操作を受け付けなくなるなんてことがあると思います。

そんなときの対処法としては強制再起動がまず浮かんできます。

なにそれ?という人はこれだけは覚えておいたほうが良いです。

昨今のスマートフォンではこの「強制再起動」は必須の知識です。

名前のままなのですが強制的に本体を再起動させるということなのですがこれは画面を操作しなくても出来るようになっておりこれができない端末は無いと言われています。

例えiPhone(アイフォン・アイフォーン・アイホン)の6、スリープボタン(電源を入れるボタン)とホームボタン(画面真ん中下のボタン)を同時に数秒長押しで画面が暗転、リンゴマークが表示されるまで押すと再起動することができます。

簡単でしょ?XperiaなどのAndroid携帯でもこれが搭載されておりいろいろ種類があるのでそれによって操作方法が違うのですが基本的にはスリープボタンと音量の上げるか下げると同時に長押しが多いようです。

アンドロイド携帯で注意してほしいのがこの強制再起動の操作と「セーフモード」の操作が似ている場合があることです。

この「セーフモード」はシステムの異常で操作がうまくできないときなどの緊急用の初期化操作などをするモードで最悪本体が正常に動作できなくすることなどもできてしまうようなのでそこは注意が必要です。

ほとんどの端末が強制再起動の方法などネットに載っていますので調べてみてからやることをおすすめしますが出先だったり調べる方法がないと大変ですよね・・なので先に覚えておきましょう!

容量がいっぱいは危険!

ふとカメラを起動すと容量がいっぱいなので起動できませんと表示が出た方いらっしゃいませんか?

なんだなら邪魔な写真消して少し容量を開けよう・・・ちょっとまって!

すごくのんびり考えていますがiPhoneの容量がいっぱいはじつは結構危険な状態です。

というのも最近のアップデートでiPhoneは勝手にiOSのバージョンアップをしようとしてきます。

「充電器に刺した状態でWi-Fiを受信している」この条件を満たした状態で寝ていると夜中に勝手にアップデートされていたという方多いのではないでしょうか?

これがすごい厄介でアップデートの際に空き容量が極端に少ないと最悪データが壊れます。

壊れたデータって直せないの?もちろん直せません。

パソコン・iCloudにバックアップがあればいいですがそれを取っていないならアウトです。

バックアップから復元できないLINEの履歴などはバックアップがあってもアウトです。

なので容量は開けておきましょう。本体容量の10%は開けておきたいのですが16G・32Gの人は5G空けておきましょう。あくまで最低限の容量なので余裕があるならもう少し・・・

これはどういうこと?なにか疑問に思うことありましたらぜひお持ちください!

お客様の不安・疑問改善のお手伝いさせていただきます!

お問合せはこちら!

東京池袋でAndroid携帯修理・アイフォン修理ならここスマホスピタル池袋でした。

小野

一覧に戻る

03-6712-7448 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル