iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneの近接センサーが故障したら?困った症状や対処法について解説します iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京なら池袋駅近のスマホスピタル池袋にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

iPhoneお役立ち情報

スマホの珍しい故障について

iPhoneの近接センサーが故障したら?困った症状や対処法について解説します

[2021.01.26] スマホスピタル池袋

カテゴリー:スマホの珍しい故障について

img-sh05-0917_001 iPhoneの近接センサーが故障したら?困った症状や対処法について解説します

「iPhoneで電話をしていたら操作してないのに電話を切ってしまった」
「iPhoneで通話中突然スピーカーモードになることがある」

iPhoneでの通話中、こんなトラブルで困ったことはありませんか?

通話中電波が悪いわけでもないのに勝手に電話が切れたり、突然スピーカーモードになってしまうという場合、その原因は「近接センサー」かもしれません。

今回は、近接センサーの働きや故障原因、不具合を感じたときの対処法までをまとめてご紹介します。

iPhoneの近接センサーとは

iPhoneの近接センサーとは、iPhoneに物が近づいたことを感知して自動的に画面を暗くしてくれるものを指します。

iPhoneの画面上部にある黒い丸部分にあるパーツで、前面側のスピーカーとインカメラの上部にある機種がほとんどです。

なお、近接センサーの近くには環境光センサーもありますが、これは画面の明るさそのものを自動調節してくれるもので、機能が異なります。

iPhoneを耳に当てた時に画面オフになるのは近接センサーのおかげ

iPhoneで通話をする際、多くの人がiPhoneを直接耳につけて会話を行いますが、この時に画面をオフにしてくれるのが近接センサーです。

この機能のおかげで、会話中に画面が耳や頬に触れても、誤タップによる操作が発生しません。

逆にいうと、この機能が故障してしまうと、通話時にiPhoneの誤操作が起きる原因となってしまいます。

近接センサーの故障原因

img-sh05-0917_001 iPhoneの近接センサーが故障したら?困った症状や対処法について解説します

それでは、近接センサーはなぜ故障してしまうのでしょうか。

近接センサーは、遠赤外線を利用しています。

遠赤外線は「発光素子」が光を発し、対象物に当たり、「受光素子」がはね返った光を受けて、電力に変換する仕組みになっています。

しかし、何らかの原因で上手く光がやり取りできなくなると、近接センサーが正常に機能しなくなります。

もっとも多い原因は落下や水没によるダメージ

故障の原因は、「落下」「水没」のように物理的な衝撃が大半です。

近接センサーは、非常に繊細なパーツなので、当たりどころが悪ければ軽い衝撃で壊れてしまうこともしばしば。

「衝撃でフレームが曲がっている」「近接センサー周りの画面が割れている」「iPhone内部の水没マークの色が変わっている」という場合は、物理的な衝撃が原因と考えられます。

近接センサーが故障すると困ること

近接センサーが故障すると、具体的にはどのような不具合が発生するのでしょう?

ここからは、近接センサーが故障した時に発生する困った症状について、ご紹介します。

通話中に誤作動が発生する

近接センサーが故障すると、通話中に画面がついたままになってしまうため、誤作動を引き起こすことがあります。

例えば、会話中にも関わらず通話を切ってしまったり、なんらかのアプリを起動してしまったりするようなケースです。

また、意図していないにも関わらずスピーカーモードになってしまうと、重要な会話が修理に漏れ聞こえてしまう場合もあるでしょう。

近接センサーが故障すると、このように通話に支障をきたす可能性があるため、早めに修理に出す必要があります。

通話中に相手の声が聞こえない

近接センサーの付近には、イヤースピーカーなどのパーツもあります。

そのため、近接センサーが破損した際に一緒に損傷を受けていることがあり、その場合通話中に相手の声を聞き取ることができません。

近接センサーの周辺パーツが破損している場合、パーツをまるごと交換しなければならなくなるため、自然に直ることはありません。

破損したままでは近接センサーだけでなく、イヤースピーカーなどの機能も使えないままになるので、早めの修理をおすすめします。

通話中の操作ができなくなり通話の終了ができない

iPhoneの近接センサーが故障すると、通話中の操作ができなくなる場合があります。

耳からiPhoneを離しても、画面がつかないような状態になるためです。

画面が付かなくなると操作ができないため、通話を終了する操作ができません。

また、宅配便の再配達など、電話の音声案内で番号を押すといった操作も、スムーズにできなくなります。

近接センサーの故障は、日常のちょっとした操作にも影響を及ぼすため、破損したら早めに修理に出すことが大切です。

インカメラやSiriが使用できなくなる

iPhoneの近接センサーは、上述したイヤースピーカーだけでなく、インカメラやSiriにも繋がっています。

そのため、近接センサーが故障した際には、インカメラやSiriが使えなくなることも珍しくありません。

近接センサーの周囲のパーツを丸ごと交換すれば復旧できることが多いため、基本的に修理を行う際にはパーツ交換が必要になります。

近接センサーの不調を感じた際には、インカメラやSiri、上述のイヤースピーカーに影響がないかどうかをチェックしてみましょう。

近接センサーの調子が悪い時に試したい対処法

img-sh05-0917_001 iPhoneの近接センサーが故障したら?困った症状や対処法について解説します

iPhoneの近接センサーが不調になっていると感じた時、故障以外の理由で正常に機能していない可能性を疑う必要があります。

まずは、修理に出す前に自分でできる近接センサーの状況チェックを行い、故障か否かを判断しましょう。

ここからは、近接センサーの調子が悪い時に試しておきたい対処法や、状態の確認方法について紹介します。

近接センサーに汚れや傷がないかをチェック

まずは、近接センサーの部分に汚れや傷がないかをチェックしてみましょう。

汚れが付着していることで近接センサーが覆われている状態になると、正常に機能しなくなってしまいます。

また、落とした際などに画面ガラスが割れてしまっている場合も、近接センサーが反応しなくなる原因になるため注意が必要です。

汚れの付着が見られるのであれば、眼鏡拭きやスマートフォン用のクリーニングクロスなどを使用して汚れを拭き取りましょう。

また、画面ガラスの破損が見られるときは、画面ガラスの交換修理を行うことで症状が改善する場合があります。

画面保護フィルムやケースが覆ってしまっていないか確認

普段からiPhoneを画面保護フィルムやケースに入れて使用している場合、近接センサーを覆っていないかチェックする必要があります。

貼り付けタイプではなくはめ込むタイプのケースや、iPhoneの全面を覆うようなフィルムの場合、少しずれているだけで近接センサーを覆ってしまうためです。

保護フィルムを貼りなおしたり、画面部分のみを覆うタイプのものに変えるだけで症状が改善することがあるので、一度チェックしてみてください。

通話中に手をかざしてみて反応するかを確認

友人や家族に頼んだり時報などに電話をかけてみたりして、近接センサーが正常に機能しているかをチェックするのも対処法の1つです。

通話中の状態で耳元へ近づけるのではなく、手をかざして近接センサーを塞いで暗い状態だと認識させます。

この時、きちんとiPhoneの画面が暗くなれば、近接センサーが正常に機能している状態です。

一方で、画面が暗くならずにそのままになっているのであれば、近接センサーになんらかの異常が見られると判断することができます。

iPhoneを再起動してみる

iPhoneの近接センサーに不調が見られた時は、一度iPhone本体を再起動させてみましょう。

なんらかの一時的な不調で反応が悪くなっているだけであれば、再起動で症状が改善することがあります。

ただし、明らかに画面ガラスやフレームに損傷が見られるケースや、水没させてしまった機種は近接センサー自体の故障が発生している可能性が高い傾向です。

そのため、修理店に持ち込んで破損個所をチェックして貰った上で、必要な修理を受ける必要があります。

近接センサーの故障は放置せず早めに修理を

ご紹介した対処法を一通り試しても近接センサーが上手く機能しない場合は、故障している可能性があります。

近接センサーはiPhoneを使う上で重要な役割を果たす部品で、かつ繊細なパーツでもあります。

iPhoneを落としたり水没させてしまったりすると、それが原因で壊れてしまうケースも珍しくありません。

近接センサーの故障が疑われる場合は、なるべく早く修理することをおすすめします。

スマホスピタル池袋なら近接センサーの修理も即日対応OK

スマホスピタル池袋では、iPhoneの近接センサーの修理を大好評受付中です!

iPhone修理のプロがしっかりと診断の上、原因を特定し、パーツ交換などの修理をさせていただきます。

近接センサーだけでなく、画面の破損や本体内部の他のパーツにも異常がないかをチェックし、問題がある場合には同時に修理も可能。

スマホスピタルは中のデータそのままに修理するから、バックアップが取れていなくても安心です。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル池袋までお気軽にお問い合わせください。

ikebukuro

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル池袋の詳細・アクセス

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-29-14 オリエント池袋404

営業時間 10時〜20時(定休日:なし)※19時30分まで受付

電話番号 03-6712-7448

E-mail info@iphonerepair-ikebukuro.com

オンライン予約 スマホスピタル池袋 WEB予約 >>

一覧に戻る

03-6712-7448 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 池袋 東京
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル